個人信用情報とは?の詳細について

This page:TOPへ戻る > 個人信用情報とは?

個人信用情報とは?

即日融資を受けられるローンにも、審査はあります。その審査に使われるのは、個人信用情報機関に登録された個人信用情報です。個人信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター連合会(全情連)、CIC、CCB、テラネットなどがあります。自分の情報がどこに登録されているのか、一度チェックしてみるといいですね。

個人信用情報機関には、氏名・年齢・仕事・年収・住居・家族構成・金融他社利用状況などの情報が登録されています。即日融資のローンを利用したいという人がいれば、ローンの貸付をする会社は、個人信用情報を照会して融資するかどうかを決めます。

即日融資ができるようになったのは、個人信用情報機関が存在するおかげともいえます。延滞、自己破産などの履歴があると「ブラックリストに載る」と表現されます。しかし「ブラックリスト」というものが存在して、そこに名前が掲載されるのではなく「自分の個人信用情報にブラック情報の登録がされる」と言うほうが、現実により近い形になります。

また「利用申込をしたが、審査に通過せず、ローンを利用できなかった」という履歴も個人信用情報には記載されます。申込をして落ちるという履歴が繰り返し登録されると「申込ブラック」扱いされ、審査がより通過しづらくなります。

実は審査に落ちる理由として一番多いのは「利用申込書の記入がいいかげん、誤字脱字がある」といった理由だそうです。そういう大事な書類に、いい加減な記入をする人が、真面目に返済をするとは思えないという理由です。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001