利用しないほうが良い場合もあるの詳細について

This page:TOPへ戻る > 利用しないほうが良い場合もある

利用しないほうが良い場合もある

即日融資を受けられるサービスは便利なのですが、利用しないほうがいい場合もあります。その一つが「急病・怪我・事故」などの場合です。これらの場合には、公的な支援を受ける方策を考えるほうが良いです。

急病や怪我などの場合は、即日融資のローンを利用して急場をしのいだとしても、後に同じ職場に復帰できるかという問題や、転職をするにしても同じくらいの収入が確保できるか、という問題が起こります。会社や社会が「冷たい」といったことを一概にはいえません。身体の機能が回復するかどうかが不明の場合には、どうしても同じ仕事ができない、ということも考えておかなければならないのです。

即日融資が受けられるローンは、利息が高いということもありますので、後の支払い能力についてもよく考えておく必要があるのです。また、自分ではなく、家族が入院・手術をするというケースでも「即日融資のお金を借りてまで、入院・手術をさせる」ということになると、本人の心理面で負担になります。さらに、恋人や友人レベルのつながりであれば、患者が困っている場合にも、「お金のことには口を出さない」ということを心がけると良いでしょう。

病院には医療相談室が設けられていますので、医療費を払えないといった場合にも、相談に行ってみると良いでしょう。公的な貸付制度などがあるかもしれません。生活保護までは受けられない場合でも、生活福祉資金貸付制度などが利用できると、ずいぶん経済的に楽になります。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001