即日融資以外の方法は?の詳細について

This page:TOPへ戻る > 即日融資以外の方法は?

即日融資以外の方法は?

即日融資を利用して、少しでも早くお金・現金を手に入れたいという人は「金銭的に切羽詰っている」状況を、なんとか解決したいとお思いでしょう。そのようなときほど「スピード審査!!」「審査が甘い!!」「たくさん借りられる!!」ことを優先して、金利の比較検討や、もっといえば「即日融資を利用してまでの現金集め」に疑問をもたずに「とにかく、借入をしたい」という方向に考えがいってしまいがちです。

しかし、公的融資などを受けたほうがいい場合があります。たとえば、生活福祉資金貸付制度といった公的な制度を利用すると、お金を借りられるとともに、民生委員に相談をして経済的に自立した生活を送るための相談ができる場合もあります。

もしも、ご家族やご自身が急病、盗難、災害、その他の緊急事態にあってしまった場合には「即日融資を受けたとしても、返すアテがあるのか?」という点が、問題となります。病気や怪我がもとで、社会復帰が困難となったり、それまでの収入が維持できなくなったりする人も、たくさんいるのです。

公的融資の広告は決して派手なものではなく、困ったときほど「即日融資!!」の派手な広告が目につくものです。公的融資制度について「本当に切羽詰ってから」知ることは難しいので、生活がうまくいっている間に、様々な公的融資や生活保護について、知っておくことが必要です。

また、日ごろの備えが十分であったかどうかも検討しましょう。怪我や病気などで、精神的に落ち込んでいる方に、鞭打つようなことはいいたくないものですが「備えが全くない」という生活は、どこか無理や無駄があったのではないでしょうか?

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001