「保証人」は必要?の詳細について

This page:TOPへ戻る > 「保証人」は必要?

「保証人」は必要?

即日融資、スピード審査のローンの多くは「保証人はいらない」「無保証人でも借りられる」という場合が多いです。無保証人で借りられる即日融資ローンは、低金利とはいえ、銀行よりも高い利息をとることで、リスクに備えているのです。即日融資ローン、キャッシングのなかにも、大手の金融機関・信販会社・カード会社がサービスを提供しているものもあります。

保証人無しで借りられる気軽さが「必要以上に大金を借りてしまう」「返済に関して甘く考えてしまう」という事態を生むこともあります。

実際「3万円借りれば、当面の生活がしのげたはずなのに、『30万円ご融資可能です』と言われたら、なんとなく30万円を借りてしまう」という性格の人がいます。そしてそのまま、借金の泥沼にはまっていき、自己破産に至ってしまうというケースがあるのです。

最近は、融資限度枠の設定が厳しくなっていますし、今までなら「上限30万」「50万」が当たり前だったのに、今は「10万」なども散見されるようになりました。

逆に「自分が保証人を頼まれた場合」に、断ってもいいか悩むという人がいます。それは、銀行ローンを組む場合から、即日金融、もっと怪しい金融機関の債権など、さまざまな借金の保証人を頼まれるケースがあります。

しかし、本当にお金に困っている人には、安易な手助けをすることよりも「そのような事態を招いた責任」を自分でとらせるべきです。保証人には原則としてならないこと。本当にその人が心配ならば、保証人になって「とりあえず」の対処をするのではなく、一緒に専門家(弁護士さんなど)のところへ相談に行くことのほうが、大事です。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001