冠婚葬祭費用を即日融資で用意すると・・・の詳細について

This page:TOPへ戻る > 冠婚葬祭費用を即日融資で用意すると・・・

冠婚葬祭費用を即日融資で用意すると・・・

少し前まで、冠婚葬祭費用は「多額の出費となるのに、クレジットカードが使えない」というケースも多かったものです。結婚式は事前にわかっていますので、用意することができますが、葬儀だけは急に亡くなる方もいるので、準備しておくことができなかったものです。また、故人の預貯金を引き出すのには、書類などを揃えなければなりませんので、すぐにというわけにはいきません。

最近は、クレジットカードが使える結婚式場や葬儀社もありますので、相談してみると良いでしょう。また、クレジットカードが使えなくても、冠婚葬祭費用を即日金融のローンを利用して支払おうということは、考え直すほうがよいでしょう。その場はしのげたとしても、後の支払いをどうするのか、ということも考えなければなりません。

私の身近でも「体裁が気になるので、小規模な冠婚葬祭儀式を行うよりは、借金してでも盛大に」と考える人がいます。小規模葬儀が増えているとはいえ、体裁を気にする人はこんなにもいるのか、と感心するほどです。

しかし、冠婚葬祭儀式というのは「心」の問題に決着をつけることが、一番大切という面があります。小規模な儀式であっても、心のこもった儀式はとても温かいものです。即日金融を利用してまで、儀式の「体裁」にこだわるのは、本当にもったいないことですよ。

葬儀のことならば、どうしてもお金がないなら「市民葬」などの、葬儀社と自治体の提携により低価格ですむ方法もあります。また、故人が互助会に加入している場合や、遺族の加入がある場合には、葬儀費用をまかなえるようになっているケースもありますので、即日金融の門を叩く前に、一度考えてみましょう。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001