改正貸金業法との関係の詳細について

This page:TOPへ戻る > 改正貸金業法との関係

改正貸金業法との関係

2010年には「改正貸金業法」が施行される予定です。そして「改正貸金業法」には「総量規制」が盛り込まれる予定です。

具体的には

・1社からの借入残高が50 万円超となる貸付けには、年収などを証明する資料の提出が必要となる
・総借入残高が100 万円超となる貸付けにも、年収などの資料の提出が必要となる
・総借入残高が年収の1/3を超える貸付けは禁止。
などです。

即日金融を行うローン会社は今まで「借りやすい」「返しやすい」をセールスポイントとしてきました。しかしこれからは「貸した後のことはしらない」では済まされず「貸す側にも責任が及ぶ」という動きがあるので、貸付にあたっての審査が厳しくなる傾向が見込まれます。

これまで、「借りるほうだけの責任」としてきた結果が、現在の多重債務者が多数うまれてしまっているという状況をうみだしたのです。ある程度は法的な規制も必要かもしれません。実際に「どこからも借りられない」という状況になって初めて、自分の借金体質を認識する人も多いものです。

また、多重債務者のなかには「お金に対するだらしなさ」とは別に、なんからの寂しさや自信のなさ、あるいは精神疾患などが潜んでいる場合もあります。改正貸金業法が施行されることで、経済的にたちゆかなくなるという人は、できることなら弁護士さんや司法書士さんのような専門家に相談をすることです。

即日金融でその場しのぎの生活を繰り返していても、いずれ破綻するときがきます。これを良い機会ととらえてください。

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001