友人同士のお金の貸し借りについての詳細について

This page:TOPへ戻る > 友人同士のお金の貸し借りについて

友人同士のお金の貸し借りについて

"私には親から何度もきかされている言葉があります。それは「もし、誰かにお金を貸したなら、返ってくるとは思わないほうがいい。そのお金はあげたと思いなさい」という言葉です。つまり、誰かにお金を貸したら返ってくることはほとんど期待できないので、お金を貸すときは慎重にならなければならない、ということです。
もし、私が友人にお金を貸してほしいと頼まれたとしたら、時間をかけて貸すべきかどうかをよく考えます。ふだんからいいかげんなお金の使い方をしているような人であれば、おそらく断るだろうと思います。貸したお金が無駄に使われるだろうと思うからです。
しかし、長いつきあいのあるお金には几帳面な友人がお金を貸してほしいと頼んできた場合、用立てできる範囲であればお金を貸すかもしれません。友人が頼んでくるのはよっぽどのことであると思うし、私も長い人生の中で親しい友人にお金を貸してほしいと頼まなければならない現実に直面するかもしれないからです。"

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001