借金をした理由の正当性の詳細について

This page:TOPへ戻る > 借金をした理由の正当性

借金をした理由の正当性

"もしも知人に借金があると告白されたら、「うわ、この人お金ないんだ」という気分になると思います。借金がある人とはできるだけ関わりたくないというのが本音です。

でも我が家では現在住宅ローンを返済しています。考えてみれば、住宅ローンも借金の一種ですよね。住宅購入費を借りてコツコツと返しているわけですから。

内容はほとんど変わらないのに、借金という言葉が付いてしまうと途端に悪い物のように感じられてしまうのはどうしてなんでしょう?
借金の場合は娯楽費などの、別段絶対に必要とされるお金ではない部分を借りているというイメージがあるからかもしれません。

でも必要なお金かどうかは、借りた本人にしか分からないものです。周りから見ればわざわざお金を借りる必要がないと感じられても、本人にとっては必要不可欠なお金なのかもしれません。
まずは借金に至った事情を聞いて、それから理解を示せるようになりたいですね。"

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001