貸した時はあげたものだと思えの詳細について

This page:TOPへ戻る > 貸した時はあげたものだと思え

貸した時はあげたものだと思え

"友人間のお金の貸し借り、私は反対です。
ご飯を食べに来たけどちょっと足りなかった、とかの小額でも、
返すのが遅かったりするとアレ?ってなりますもん。
幸い、大人になってからはそういった事もありませんし、
小額の場合だと、もし足りないと言われても奢ります。

私も中学生の頃に何度か同じ友達にお金を貸した事がありました。
その頃は私もちょっと反抗期で、普段から少々素行の悪い子とつるんでいたんです…。
下校中に寄り道したりすると度々、お金が足りないから貸してーみたいな感じになっていたのですが、
そんなある日、本屋さんか何かで千円貸してほしいと言われて、渋々貸したんです。

子どもの頃の千円ってかなり貴重じゃないですか。
だから未だにはっきり覚えているんですが、アレ、返してもらってないんですよね…。
暫くしてその子が結構な問題を起こしたのでそのまま疎遠になってしまい、行方も分からないまま。
まぁ、わかった所でもう請求しようとは思いませんが、
千円でここまで根に持ってるのも我ながらセコイなーと思いますけど、
たかが千円、されど千円で、やっぱりお金って大事です。

これが貸したのではなく、奢ったのであれば多分もう忘れてるんですよね。
だから友人にお金を貸す場合は、もう返ってこないものだと思った方が身のためです。

まぁ、普通はちゃんと返してくれる人が殆どですけどね。"

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001